筋トレをする上で重要すべきこと

筋トレをする上で重要視していたのは、その鍛えた筋肉がスポーツをするときに使えるかどうかだ。あたいはトライアスロンをホビーとしていらっしゃる。トライアスロンは過酷な競技なので、心肺機構はもちろんなのですが筋トレを通じて筋肉を鍛え上げる必要があります。スイムは躯幹の筋肉を中心に、バイクは背中腰まわりの筋肉を中心に、ランは下半身の筋肉を中心に強める必要があります。つまりカラダだ。
筋トレのシステムは数少ない回数で高負荷をかけるトレーニングンではなく、多い回数で低中負荷をかける育成を通していました。トライアスロンは競技の瞬間が長いだ。五輪で行われている区間も精鋭アスリートは2瞬間時分かかります。アイアンマンでは7時間もかかります。その間さらに身体を取り回し積み重ねるわけなので、筋スタミナが重要になってくるのです。
筋トレの回数は週間に2回をエリアとして行っていました。週間1回のときもあります。それ以上やっても逆に筋肉を使いすぎて健康を崩して仕舞う危惧があったからです。トライアスロンの練習は持久系のものが多いので、筋トレはあくまで持久系の練習を補助するためにやっていました。
筋トレの下部すぐにプロテインをとることを意識していました。筋トレしてから半はゴールデンタイムと言われているのを知っていたので、実家から粉末人のプロテインを持ってきて水と共に飲んでいました。プロテインを持ってくるのを忘れたときは自販機で売る液体人のプロテインを飲んでいました。液体人は高いですが、ゴールデンタイムを逃してしまうと筋トレをした意味がなくなってしまうのが不快だったからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です